[11/30] 『鈴木杏樹のいってらっしゃい』

「突然ですけれども、ある商品の名前を聞いたときに
 『あぁ、懐かしいなぁ』って感じることってありますよね。
 時代をつくったまさに人気商品というのは、
 名前を聞いただけで私たちに懐かしい
 あの頃の思い出をよみがえらせてくれます。
 そこで今週は、聞いただけで思わず懐かしくなる
 商品のお話をしてみようかなって思います。」

聞いただけで思わず懐かしくなる商品というのは
本当にたくさんたくさんございますので、
いくつかのジャンルに分けて
お話ししていきたいと思います。

今朝は文房具からまいりたいと思います。

まずは、ロケットペンシル。

「いかがですか。
 思い出ある方いらっしゃいますか。」

ロケット鉛筆とも言われていたのですけれども、
プラスチックでできた丸い筒状の
鉛筆の形をした本体の中に、
プラスチックの台で固定された
鉛筆の芯が並んで入っているものです。

書いているうちに芯が丸くなったら
それを先端から抜いて、
後ろ側がまた穴が開いていて
そこから差し込みますと
ズズッと前に新しくとがった鉛筆の芯が
また出てくるという筆記用具ですけれども、
覚えていらっしゃいますでしょうか。

「『あったあった』とか、
 『あぁ、使ってた使ってた』なんて
 思い出していただければと思います。」

昭和40年代から人気になりました。

まだシャープペンシルというのが高価だった時代、
子供たちに気軽に使えるお手軽な価格の
シャープペンシルをということで
発売されたものだそうです。

鉛筆の芯を削る必要がないというところも
人気の理由だったそうです。

当時でだいたい1本100円ぐらいだったそうです。

「このロケットペンシルなんですけれども、
 今も販売されているみたいですね。」

かわいいキャラクターがデザインされていたり、
ハート型とか星型のキャップとか
消しゴムがついていたり、
鉛筆の芯も黒だけじゃなくて
カラーのタイプも登場していて、
今でも女の子の定番文具として人気があるそうです。

来年の新学期のシーズンに
また新しいタイプも出るそうです。

「いいですね、こうずっとなんかみんなに
 愛用されているっていうのはね。

 あと、筆箱なんかもね、人気でしたね。
 多面式筆箱。

 マグネットで裏も表もふたがついているようなね、
 そういう筆箱で表面にはいろんな
 キャラクターの絵が描いてあったり、
 あとは鉛筆削りがついてあるものだったり。

 もう筆箱もね、私は小学校の頃はいろんなタイプが
 毎年毎年流行ったような印象があって、
 高学年になると急に缶ペンケース
 っていうのが流行ってね、
 急に薄いのが流行っちゃったりなんかして、
 その筆箱も欲しかった思い出があります。」

<なつかしの文房具・ロケット鉛筆のいま>

<一世風靡!ナツカシモノ【ロケットペンシル】>

<一世風靡!ナツカシモノ【多面式筆箱】>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください