[12/31] 『鈴木杏樹のいってらっしゃい』

「いよいよ今年も今日一日を残すだけとなりました。
 『大晦日もお仕事です』っておっしゃる方も
 いらっしゃるかと思いますけれども、
 どうぞ今年最後のお仕事頑張ってくださいね。」

今日は大晦日ですけれども、
旧暦では毎月の30日目に当たる日を
晦日(みそか)というふうに呼んでいます。

そういうところから晦日には、
月の終わりとか、月の最終日という意味があります。

そして1年で最後の日、今日12月31日は
その締めくくりとして晦日の前に
大きいという漢字をつけて「大晦日」というふうに
呼ぶようになったのだそうです。

どうして30日目を晦日と言うのかなと思っていますと、
その晦日の「みそ」というのが
数字の30を意味するそうです。

だから30歳を迎えると三十路って言いますよね。
これも三十路の「みそ」が30の意味なので、
同じ意味で使われているということになります。

ところで、おせち料理といえば
お正月にみなさんいただくものですけれども、
すでに今日大晦日の夕方から食べ始めるところというのが
いくつもあるのだそうです。

これにはちゃんと理由がありまして、
明治時代になるまで使われていた暦、
太陰暦では太陽が沈むとともに
新しい一日の始まりとしていたということで、
太陰暦の大晦日の夜、日が沈んだ後は
日付が1月1日になって
お正月が始まったという解釈があります。

ということで、その31日の夜、
日が沈んだ後におせち料理をいただくというところが
あるというお話なのです。

なので、大晦日のお夕飯、お夕食はみんなでお膳を囲んで
お正月に迎える神様、歳神様をお迎えするための
お祝いの料理ということなのだそうです。

日本のどこの地域でそうやって大晦日におせち料理を
召し上がっているのかなぁと調べてみたところ、
北海道の一部の地域だったり、
東北のほうの一部の地域でそういうふうに
大晦日からおせち料理をいただいて、
だから、太陰暦でお正月を迎えてらっしゃる地域が
あるということです。

「そういうわけでとうとう12月31日、大晦日です。
 みなさん今年も1年間この番組を聞いてくださって
 ほんとにどうもありがとうございました。
 またぜひみなさん新年にお会いしたいと思います。」

<大晦日(ウィキペディア)>

<北海道では大晦日からおせち料理を食べる>


~ 管理人より ~

今日最後の杏樹さんのご挨拶は、

「お相手は鈴木杏樹でした。
 どうぞみなさん今日も一日お元気で。
 いってらっしゃい。
 よいお年を。」

でした。

杏樹さん、1年間お疲れさまでした。
また来年も楽しい番組を届けてください。
楽しみにしています♪

話は変わって、

このブログをスタートしたのは今年の1月1日。
なんとか1回も欠かさず1年間続けることができました。

これもみなさまのおかげです。
どうもありがとうございました。

来年もよろしくお願いします。 m(_ _)m

それでは、よいお年を。 (^o^)丿

[12/28] 『鈴木杏樹のいってらっしゃい』

「大掃除といえば、以前この番組で新聞紙を使って
 窓ガラスを拭くというお話をね、
 させていただいたことがありました。
 今日はそんな新聞紙を使って
 お掃除するお話をしたいと思います。」

新聞紙を使ってのお掃除の仕方ですけれども、
まずは窓ガラス。

新聞紙に含まれるインクが、油分ですよね、
窓の汚れを落としてくれます。

「軽く濡れたお雑巾で窓を拭いた後に
 新聞紙で拭いていきます。
 仕上げに乾いたお雑巾で窓を拭くと
 きれいになるというふうに
 一般的には言われているんですけれども。

 うちでは新聞紙を水に浸してですね、
 ぬるま湯のほうがいいんですけど、手も冷たくなくて。
 で、それで浸してね、グジョグジョになった新聞紙で
 直接汚れになじませていくようにして
 クリクリクリクリと拭いていきます。

 で、何回かやっていくと
 ある程度きれいになってくるので、
 きれいになってきたら乾いた新聞紙で拭いていきます。

 で、さきほども言いましたけれども、
 新聞紙のインクの油分がね、
 ほどよくピカピカに磨き上げてくれるんです。

 なので、磨いている、こう、何て言うんでしょう、
 痕みたいなのが気になるようでしたら
 乾いたお雑巾でその後さらに拭きますと
 もっときれいになります。
 なんかそんなふうにしています、うちでは。」

そして、網戸。

「もうねぇ、これ網戸、困りますよね。
 これはですね、片側に新聞紙をテープで止めて
 反対側から掃除機でホコリを吸い取るんですって。
 これってけっこう目から鱗だと思いません?
 もっと早く教えてくれたらっていう感じですよね。
 ぜひぜひお試しください。」

そしてそして、下駄箱。

靴の中に丸めた新聞紙を入れておくだけ。
それで新聞紙が湿気とか臭いを取ってくれると。
ブーツなんかは新聞紙が靴の型崩れも防いでくれるので
一石二鳥ということです。

「よくあの、お茶がらとかね、
 コーヒーの入れたかすとか、
 そういうのを乾かしたものをね、
 布とか紙とかにくるんで入れておくと
 脱臭効果があると聞きますけれども。
 これを新聞紙と合わせちゃうと
 もうトリプル効果がありそうなそんな感じですね。

 今日はもう28日の金曜日ですから、
 明日あさって、土日、もうこの週末
 大晦日まで残り3日ですから、
 ちょっとせわしなくて、慌ただしくて、
 お疲れがたまってきていると思いますけれども、
 みなさんどうぞお体に気をつけてね、
 お正月の準備をなさっていただきたいと思います。」

<新聞紙で窓拭きをしましょう!~お掃除ワンポイント~>

<お手入れ-窓・網戸編->

<玄関・下駄箱のにおい~においレスキュー~>

[12/27] 『鈴木杏樹のいってらっしゃい』

「大掃除のときに限らず、
 日頃から水まわりのお掃除は
 大切だというふうに言われているそうです。
 今日はそのお話をしたいと思います。」

昨日、松居一代さんのお掃除のお話を
ご紹介しましたけれども、
松居さんもお掃除のとき一番気をつけているのは
水まわりだそうです。

ちなみに、松居さんはお母さまから小さいときから、
お台所には神様が住んでいて
お掃除を怠けて散らかしていると
その家の女性が病気になってしまうんだよ、
というふうに教えられていたのだそうです。

そして、水まわりといえばトイレ掃除も大切ですよね。
特にお腹の中に赤ちゃんがいるご家庭では、
トイレをいつもきれいにしておくと安産になる
というふうにも言われているそうです。

「私も小さいときから母に言われていたのは、
 トイレ掃除をするとね、
 妊娠していてもしていなくてもですよ、
 健康でいい子が授かるよっていうふうに言われていて、
 もう小さい頃からですね、
 トイレ掃除は私の担当だったんですよ。

 だからなんか女の人がトイレを掃除するのが
 こうなんていうのかなぁ、当たり前というか
 そうしたほうがいいっていうふうに育ったので、
 うちだけじゃないんだなって思いました。」

また、トイレは風水的にも金銭運にも関係しているそうで、
トイレをきれいにしていないお家には
お金が入ってこないと言われているそうです。

トイレを汚れたままにしておくと使う人はだんだんと
「あぁ、汚いんだから汚してもいいんだ」
というふうに思ってしまうそうなので、
逆にいつもきれいにしていると
「きれいに使わなきゃ」という心理が働くので、
いつもきれいにしておくのがGOODだということですね。

「私が小さい頃から母に教わったように、
 お子さんがね、小さいときにトイレ掃除が大事だよ、
 女の子だったら特にそうやって教えてあげたり、
 お台所にもね、神様がいるから
 きれいに使わなきゃダメだよっていうふうに
 教えてあげるっていうのはいいことかもしれない。
 何の疑いもなく信じて育ってきたので
 それはもう確実に言えると思います。

 トイレだけじゃなくてね、
 その場所がどこの場所であっても、
 公共の場所であっても、
 汚ければ汚すことに躊躇しないけれども、
 きれいなところがきれいだと
 よりきれいに使おうと思いますからね。
 やっぱりきれいはきれいを呼びますね。
 あともう数日ですからね、
 日頃の積み重ねのない方、
 私も含めてですけど、頑張りましょうね。」

<水まわりのお掃除テクニック~快傑ホームズ~>

<水回りお手入れ大事典>

[12/26] 『鈴木杏樹のいってらっしゃい』

「クリスマスが過ぎると
 街は一気に年末の雰囲気になりますね。
 12月25日の昨日と26日の今日、
 たった一日しか違わないのに
 ガラリと雰囲気って変わりますね。
 今日からいよいよお正月の準備です。
 みなさん頑張りましょうね。」

 (CM)

「さて、さて、さて、さてと、
 年末の一番の大仕事といえば大掃除ですよね。
 どちらかというと、もうとっても
 苦手なんですけれども(笑)
 そんなわけで今日から3日間は
 大掃除のお話をしたいと思います。」

大掃除といいますとまず
物を片付けることから始まりますが、
必要ないものだと思っていてもなかなか捨てられない
という方いらっしゃいますよね。

お掃除といえば、松居一代さんの
お掃除法というのが話題になっていますけれども、
松居一代さんもお掃除の基本というのは
物を整理することからというふうに
おっしゃっているのだそうです。

物を整理することは開運のための最初のステップで、
松居さんがおっしゃるには
今まで溜め込んできたものは過去の遺物であって、
過去ばかりを振り返っていては
前には進めないということだそうです。

「なんか力強いですよ、う~ん。
 でも、物を捨てるというのは大変勇気が必要ですよね。
 もったいないって思っちゃいますから。」

実は、松居一代さんのご主人の船越英一郎さんも
物が捨てられなくて溜め込んでしまうご性格なのだそうです。

ですから松居さんがお掃除しようとすると
当然嫌がっていたそうですけれども、
そこは心を鬼にして片付けたのだそうです。

その決意の裏には、
松居さんは船越さんと再婚されるときに、
松居さんのほうが年上で
しかもお子さんもいらっしゃるのに、
それでも私をお嫁さんとしてもらってくれたのだから
絶対に船越さんのことを幸せにするんだ
という強い思いがあったのだそうです。

そして、本当に必要なもの以外は捨てる
ということからスタートして、
お部屋の中をきれいにしたのだそうです。

「なるほどね、捨てることで舞い込んでくる
 幸せがあるっていうのも
 なんかわからなくもないですよね。

 とはいえども、なんかこうもったいないと思ったり、
 あと、また使うんじゃないかとか、
 また着るかもしれないなって思っちゃうんですよね。
 みなさんいかがですか?

 私はもうほんと物が多くて
 捨てなきゃ捨てなきゃと思いながら
 捨てられないっていう、
 松居さんに怒られちゃいそうですけれども。

 でもまぁ、松居さんにそこまで強く
 おっしゃっていただけたら、
 なんかちょっと今年は心を鬼にして
 前向きに勇気を出してちょっと頑張ってみようかな
 という気になりました。
 あとね、数日しかありませんけれども頑張ります。」

<松居一代さんの本を見てみる>
<松居一代さんのお掃除で開運 ファンサイト!>

[12/25] 『鈴木杏樹のいってらっしゃい』(お休み)

12月24日(月)正午から25日(火)正午までの24時間

『第33回ラジオ・チャリティー・ミュージックソン』

という番組がオンエアされているため、
本日の『いってらっしゃい』はお休みでした。

やっぱり放送がないとちょっと寂しいですね。 (>_<)

[12/24] 『鈴木杏樹のいってらっしゃい』

「今日がクリスマス・イヴですね。
 今日は振替休日でお休みという方も
 いらっしゃるかと思いますけれども、
 ぜひぜひみなさん素敵なクリスマス・イヴ
 お過ごしくださいね。」

クリスマスは英語で「Christmas」というふうに
綴りは書くんですけれども、
これはキリストのミサという意味で
「Christmas」ということなのだそうです。

よくクリスマスを「X’mas」と書きますけれども、
この「X」というのはギリシャ語のキリストの頭文字、
「Xristos」と書いてキリストと
ギリシャ語では表記するんですね。

それの頭文字ということで「X」1文字で
キリストを表していることになるということです。

「へぇ~、私ずっとね、疑問だったんですよ。
 『C』から始まるのになんで『X』なんだろう?
 と思ってたので、これで謎が解けましたね。」

サンタクロースといえば赤い洋服を着ていますけれども、
緑色の洋服を着たサンタクロースがいるというのを
みなさんご存知でしょうか?

その名前も「グリーンサンタ」と言うそうです。
この「グリーンサンタ」さん、どんな方なのでしょうか?

プロフィールがありますのでご紹介します。

出身地はなんとデンマーク。
年齢が510歳。
職業はデンマークの環境親善大使、
緑の森の番人なのだそうです。

好きな食べ物はライスプディング。
趣味はお花、野菜、木を植えること、
そしてトナカイそりのレースなのだそうです。

緑の洋服の色というのはエコロジーを
表しているそうです。

実は、2002年から毎年日本に来て
各地を回りながら森林保護とか自然の大切さを
訴えているということです。

「このグリーンサンタさんの
 クリスマスの挨拶っていうのも
 『メリー・グリーン・クリスマス』と
 おっしゃるそうなんですけれども、
 みなさんご存知でした?

 グリーンサンタさんはつい先日来てたんですって、
 来日してたんですって。
 日本の国内各地を回って森林保護とか
 環境保護を訴えてくださったということで。

 このサンタさんはグリーンサンタさんですけれども、
 時期を問わずに全世界を渡り歩いて
 環境保護を呼びかけているということで、
 どの時期だけっていうことはないんですね。
 だからもう忙しいですよ、グリーンサンタさんは。
 そんなサンタさんもいるよというお話でした。」

<クリスマスって何?>

<グリーンサンタ公式サイト>


~ 管理人より ~

普段は最後の杏樹さんのご挨拶は省略しているのですが、
今回は特別に書いておきますね。

「そんなわけでまた明日お会いしましょう。
 鈴木杏樹でした。
 メリー・クリスマス!
 今日も一日お元気で。
 いってらっしゃい。」

今日は「メリー・クリスマス!」が入っていました。 (*^_^*)

[12/21] 『鈴木杏樹のいってらっしゃい』

「今から10年前、1997年8月31日、
 プリンセス・ダイアナさんの突然の死は
 世界中に衝撃を与えました。
 生前ダイアナさんは平和活動を通して
 たくさんの無償の愛を私たちに与えてくれています。
 今日はそのお話をしたいと思います。」

ダイアナさんが生前熱心に取り組んでこられた活動に
地雷の撤去、廃絶問題がありました。

戦争が終わってもそのままになっている地雷のせいで、
たくさんの人が命を落としたり、
体の一部を失っています。

こうした地雷の被害に心を痛めたダイアナさんは
地雷問題に取り組みました。

でも、実は地雷というのは軍事問題でもあり、
政治的にはとても微妙な問題でした。

でも、ダイアナさんは地雷を
軍事問題ではなくて人道問題であると、
地雷で被害にあった方々へ希望と勇気を与え、
世界に地雷の悲惨さを訴えることが
自分の使命だと考えたのです。

そんなダイアナさんが突然亡くなって、
生前の功績が大きく取り上げられるにつれて
地雷廃絶への意識が世界中で急速に高まっていきました。

そしてこの年、1997年に
カナダ・オタワで人に対する地雷を全面禁止した
オタワ条約というのが調印されて、
現在では150以上もの国が条約を守ることを
宣言しているのだそうです。

「イギリスにね、オルソープという
 場所がありましてね、
 これはダイアナさんの故郷なんです。

 この地はもう500年もの歴史を持つ名門の
 スペンサー家の領地なんですけれども、
 夏の間だけ一般公開していてね、
 入場料とかそういうもので得た利益っていうのはすべて
 その『ダイアナ・プリンセス・オブ・ウェールズ記念基金』
 という通称『ダイアナ基金』に寄付されていましてね、
 このオルソープのためにデザインされた
 ギフトの数々っていうものもあるんです、実は。
 で、その収益もすべてその『ダイアナ基金』に回ってます。

 なんかちょっとした贈り物に
 そういったものを選んでみるとかね、
 なんかそういうことでも手助けすることが
 できるんじゃないかなって、
 ちょっと思ったりなんかするときもあります。

 なんかね、どこか心の片隅で
 気にしているんですよね、みんな。
 何ができるんだろうって考えたときに、
 今週1週間っていうそういうテーマがね、
 みなさんの何かのきっかけになればいいなぁって
 そんなことを思いながらお送りしました。」

<ダイアナ元妃が遺した平和のための足跡~All About~>

<Princess Diana Foundation(ダイアナ基金)>

↑ 英語のサイトです

[12/20] 『鈴木杏樹のいってらっしゃい』

「ペットボトルのキャップが子供の命を救う。
 『いったいどうやって?』
 って思われた方多いと思います。
 今日はそのお話をしたいと思います。」

ペットボトルの小さなキャップですが、
そのまま捨ててしまうとゴミとして
処分されてしまいますよね。

そのキャップを捨てずに集めることで
子供たちの命が救えるのだそうです。

これは横浜にありますエコキャップ推進協会が
行っている運動で、仕組みはこういうことです。

まず、飲み終えたペットボトルの
キャップを外して、捨てずに集めていきます。
ある一定量が集まった時点で
エコキャップ推進協会が引き取りに来てくれます。

そして、そのキャップをリサイクル事業者に売却します。
その利益をワクチンの購入資金として日本赤十字社
JCV(世界の子どもにワクチンを 日本委員会)
へ寄付します。
そして、そのお金で発展途上国の子供たちに
ワクチンを送るということです。

キャップは800個集めて20円。
でも、ポリオワクチンは一人分約20円です。
20円あれば一人の子供の命が救えることになります。

確かに個人で800個集めるというのは
大変なことなんですけれども、
でも、まず1個1個、1つ1つ集めることから
始めないと何も始まらない。

家庭はもちろん、例えば学校とか会社とか
マンションとか町内とかそういうところで
協力して集めるようにすれば、
800個っていう数は決して難しいことでは
ないと思います。

「でもほんとに、うちのマンションでもそうですけれども、
 ペットボトルのリサイクルって普通にしているんですね。
 でも、ペットボトルのキャップの収集はしてないんです。

 もしこのペットボトルのキャップの収集をすればね、
 かなりの数が集まると思うんですよね。
 で、それでワクチンに変えることができたら
 素晴らしいことじゃないかなって思います。

 私もこのペットボトルのキャップ集め
 始めてるんですけれども、これがね、
 人の心理って不思議なもんでね、
 一つでも多くのキャップを集めたいって思うと
 他人のペットボトルとかも
 家に持って帰るんですよね(笑)

 それがすごい自分の心理の中でおかしくて、
 もうなんか一つのキャップも
 もう捨てられないって思うんです。
 今なんかすごくいろんなゴミを
 家に持って帰って分別してて、
 でもなんか一つでもね、
 希望の光になればって思って、私収集してます。」

<エコキャップ推進協会>


~ 管理人より ~

実は、うちの母親もキャップを集めていて、
そんなの集めてどうするんだろうって思っていたら
こういうことだったんですね。

エコキャップ推進協会では、
45L(約2700個)のゴミ袋が2~3袋になったら
引き取りに来てくれるとのことで、
個人でそこまで集めるのは難しいかもしれませんね。

でも、自分で送料を負担して送る分には
少量でもかまわないそうです。

放送業界はペットボトルの消費が多いと思いますので、
キャップの回収箱が設置されるといいですね。

杏樹さんのお力でぜひ実現させてください。 (^o^)丿

[12/19] 『鈴木杏樹のいってらっしゃい』

「バーンロムサイというお名前、ご存知でしょうか?
 これは世界中で対策が求められている
 HIV感染に関係した施設です。
 今日はそのお話をしたいと思います。」

バーンロムサイは、両親をエイズで亡くし
自分もお母さんからHIV感染した
子供たちの生活施設です。

1999年にタイ・チェンマイに誕生しました。
3歳から15歳まで30人の子供たちが生活しています。

広々とした緑豊かな場所できちんと衛生的な環境をつくり、
健康管理やバランスの取れた食事が生活の基本です。

子供たちのことはできる限り自分たちが
話し合って決めるという取り組みを続けています。

さらに、将来自分の得意分野で生計を
立ててもらいたいという親心から、
勉強だけでなく、子供たちがいろいろな
体験ができるようにしているそうです。

さらに、将来の自立のために
ホームの敷地内で染物や織物、裁縫などに
取り組んでいるのだそうです。

さらに、HIVウイルスをもっと
日本の人たちにも知ってもらって、
自分のことは自分で守るという意識を
持ってもらうのを目的に、
女性が気軽に買える避妊具
「ミス・コンドーム」をつくり、
メッセージやオリジナルのマスコットのクマを添えて
販売する活動を行っています。

「日本では神奈川県・葉山にある
 バーンロムサイジャパンというところが
 事務業務を行っているそうなんですけれども、
 実はね、私このバーンロムサイを知ったのは
 たまたま入った一軒のお店だったんですね。

 避妊具はついてなかったんですけれども、
 小さなクマのマスコットが売ってました。

 で、そのメッセージにはね、
 このクマさんの収益はこのバーンロムサイの
 施設にいる子供たちの薬代とか教育代になります
 というふうに書いてあったんですね。

 で、『あ、こういう施設があるんだ』
 っていうことを知ったんですね。

 で、なんとなくなんですけれども、
 またこのクマさんをですね、
 私のまわりの大切な人たちに贈りました。

 そしたらやっぱり知らない人は多くて、
 知らなかった友人たちも
 『ああ、こういう施設があるんだね』って
 どこか心の片隅にね、彼らのことをとめて
 それでどこかいつか彼らに希望の光が
 見えるようにって祈りながらね、
 クマを身につけさせていただいてます。

 なんかそういうのも、なんか小さな、
 何て言うんでしょう、
 心の贈り物になればいいなぁみたいな、
 そういうことを考えます。
 なんかみなさんのきっかけになればと思います。」

<バーンロムサイのHP>

<くまコンドーム~バーンロムサイ~>


~ 管理人より ~

私はマジシャンのセロの番組で
バーンロムサイのことを知りました。