[10/31] 『鈴木杏樹のいってらっしゃい』

「今日10月31日、アメリカやイギリスを中心に行われる
 伝統的なお祭りと言えば『ハロウィン』です。
 今日はそのお話をします。」

キリスト教では毎年11月1日は「万聖節」、
「All Saints’ Day」といって
すべての聖者に祈りを捧げる日とされています。

その前日の今日、10月31日というのは
前の晩、イブということになります。

ハロウィンに欠かせないのがカボチャです。

大きなカボチャの中身をくりぬいて、
中にろうそくを立てて明かりにします。

これにはジャックオーランタンという
名前がついています。

このジャックオーランタンの由来ですけれども、
アイルランドの伝説からつけられたと言われています。

その昔、ジャックという名前の乱暴者の青年が
アイルランドに住んでいました。

ジャックはハロウィンの夜、悪魔と遭遇しました。

ハロウィンの夜というのは、
人間の世界と悪魔の世界の境界線がなくなって
悪魔が人間の魂を奪いにやってくるそうなのです。

ジャックのところにも悪魔がやってきたのですが、
逆にジャックは悪魔を閉じ込めたのです。

ジャックは悪魔に、外に出してやるかわりに
二度と自分の魂を奪おうとしないことを約束させました。

やがてジャックに寿命が訪れて
あの世に旅立つことになりました。

ところが、生前乱暴を働いていたジャックは
天国には行けず、仕方なく地獄の門をたたきました。

すると、そこには生前に約束をかわした
あの悪魔がいたのです。

ジャックは地獄に入れてくれと頼みましたが、
悪魔はジャックと魂をとらないという約束をしていたため、
地獄へは入れてくれません。

仕方なく戻ることになったジャックだったのですが、
あたりはもう真っ暗で道がわかりません。

そこで悪魔に頼んで火の明かりをもらいました。

その明かりを頼りにジャックは
行くあてもない旅を続けました。

このとき明かりを入れていたのが
お野菜のカブだったそうですけれども、
アイルランドにはあったのかもしれませんが
アメリカではカブは馴染みがなかったので、
アメリカでたくさんとれる
カボチャになったということです。

「ジャックオーランタンの由来のお話でした。

 ジャックがその後どうなったんだろうって
 ちょっと気になったんですけれども、
 この物語はここで終わっています。

 今日はハロウィンということで、
 日本でもね、最近は幼稚園とか小学校とか街中でも
 お馴染みになってきましたけれども。

 ぜひね、大人もお子さんも
 楽しい一日をお過ごしくださいね。」

<ハロウィン(ウィキペディア)>

<ハロウィン特集 ~ All About ~>

[10/30] 『鈴木杏樹のいってらっしゃい』

「ベルギーの北西部、フランスとの国境近くに
 イーペルという町があります。
 この町では3年に一度、
 ある動物のお祭りが行われています。
 今日はそのお話をします。」

ベルギーのイーペルで行われているお祭りとは
「猫祭り」です。

3年に一度、5月の第2日曜日、
この静かな町が猫のデコレーションで埋め尽くされて、
大人も子供も猫に扮して街を練り歩きます。

まさに猫カーニバルといった雰囲気です。

イーペルの町は毛織物が盛んで、
大事な毛織物をネズミから守るため
猫にネズミの番をさせていました。

そのときから猫はイーペルの町では
とてもとても大切な動物だったので、
猫に感謝の思いを込めて
猫祭りが始まったと言われています。

当日はイーペルの町の人たちが猫に変身します。

それぞれ工夫をこらして猫のメークをしたり、
猫のファッションに身を包みます。

「雰囲気としては『CATS』みたいな感じです。
 うん、すごくきれいなメークしてたりとかしますよ。」

さらには街の中を猫の形をした
大きなぬいぐるみなどがパレードします。

まさに町が猫に染まり、そうした模様を見るために
世界中からたくさんの観光客が訪れるそうです。

このイーペルの猫祭りのクライマックスは「猫投げ」。

「猫といっても本物の猫ではないんですよ。
 ぬいぐるみです。ホッとしましたよね(笑)」

午後6時の鐘を合図に高さ約130mある
市庁舎の時計塔から猫のぬいぐるみを落とす
というものなのだそうです。

このぬいぐるみを拾った人には
幸運がもたらされるということで、
みんな競ってこのぬいぐるみを取り合うそうです。

「3年に一度のお祭りなので、終わってしまうと
 次は3年後ということになるんですけれども、
 実は次の開催がですね、なんと来年の
 2009年5月10日なんですって。
 来年っていっても、もう約半年後ぐらいですよね。

 日本でもこのイーペルの猫祭りを見に行く
 ツアーというのがすでに発表されているそうなので、
 ご興味のおありの方、
 もしくは猫ちゃん大好きな方とかね、
 ぜひぜひいらしてみたらいかがでしょうか。

 写真でね、拝見する限り
 とってもきれいな国ですね、ベルギーね。

 で、その広い通りを大きな猫の人形が
 練り歩いている風景があるんですけれども、
 なんとなくね、イメージで言うとディズニーランドのね、
 エレクトリカルパレードみたいな
 楽しい雰囲気ですね。
 とっても楽しそうな猫祭りです。

 そんなわけで今日は、
 ベルギーのイーペルという町で行われている
 猫祭りのお話でした。」

<イーペルの猫祭り~ユーラシア旅行社~>

[10/29] 『鈴木杏樹のいってらっしゃい』

「インドでは1年を通じて
 さまざまなお祭りが行われています。
 その中でも『色のお祭り』と
 呼ばれているものがあるそうです。
 いったいどんなお祭りでしょうか。」

インドで色のお祭り、
「色彩の祭典」と呼ばれているのが
「ホーリー・フェスティバル」というものです。

インドのお祭りの中で最も色鮮やで、
楽しいお祭りと言われているそうです。

時期は毎年3月の満月の日。

インドのほぼ全域で行われているお祭りで、
冬の収穫と春の訪れをお祝いするものです。

さらにヒンズー教の神話の伝説を
記念する行事でもあるのだそうです。

この神話には火が登場します。

ホーリーとは大きな火の意味で、
ホーリー・フェスティバルでは
すべての害や悪を燃やし尽くしてくれる
火の神様を敬うために夜から火を焚くそうです。

そして、夜が明けると
ここからがお祭りの本番になるそうで、
道行く人にきれいな色の粉や
色つきの水をかけ合います。

建物の窓から色つきの水が飛んできたり、
後ろからいきなり粉を浴びせられたりするそうです。

この日ばかりは無礼講ということで、
お互いに色の粉とか水を
思いっきりかけ合うのだそうです。

こうして街や人が色づくことから
色のお祭りと呼ばれているそうです。

このカラフルな色のかけ合いは、
元々はインドの伝統的医学の理論に
基づくものなのだそうです。

伝染病などがはやりやすい夏に備えて、
薬草や薬効のある木の根の粉末を
体に塗ることで抵抗力を高めようという
インドならではの由来があるそうです。

例えば、黄色は殺菌作用のあるターメリック、
オレンジは防虫効果の高いマリーゴールドから抽出、
そんな感じでカラフルな色には
それぞれ効能とか意味があるそうです。

「これね、写真で拝見したんですけれども、
 それはそれは想像を絶する鮮やかな色彩です。

 ショッキングピンクに、きれいなブルーに、
 鮮やかなグリーンに、もう真っ黄色に
 真オレンジみたいな。

 なんかもうほんとに原色がすごいきれいな、
 ほんとそんなような色、数々の色をですね、
 投げ合ってその色に染まったインドの方々の
 写真を見たんですけれども、すごいです。

 あのね、芸術的な雰囲気すら感じる。
 これ実際見てみたいなぁ。
 すごいと思いますよ。

 今日はそんなインドの色のお祭り、
 ホーリー・フェスティバルのお話を
 させていただきました。」

<インドで春を告げる「ホーリー」>

<インドの春;ホーリー・フェスティバル>

[10/28] 『鈴木杏樹のいってらっしゃい』

「スペインのある小さな町では、
 毎年町の人口の3倍以上もの観光客が
 見に来るというお祭りがあります。
 今日はそのお話をします。」

スペインの地中海沿岸の都市にバレンシアがあります。

そのバレンシアから西に40kmほどのところに
ブニョールという町があります。

人口1万人ほどの町が
あるお祭りの時期になると
世界各国からの観光客で埋め尽くされます。

その数は3万人以上で、人口の3倍にあたります。

そんなブニョールで行われているお祭りというのは
「トマティーナ」と呼ばれる
トマトを投げ合うお祭りです。

毎年8月の最終水曜日に行われるそうです。

このトマティーナの始まりは
諸説あるのだそうですけれども、
その一つには1945年に
若者のグループ同士がケンカになって、
そのときに一人の若者がたまたま近くにあった
八百屋さんのトマトを相手に投げつけたのが
始まりではないかと言われているそうです。

その日が8月の最終水曜日で、
その翌年に同じ日に同じメンバーが集まって
再びトマトの投げ合いを始めたのだそうです。

「で、そのときのトマトの投げ合いのときは
 各自トマトは持参したんですって。
 翌年は八百屋さんに迷惑をかけないっていう
 けっこう律儀な若者たちだったんですけれども。」

その後政府からこのトマトバトルといのは
禁止されたのだそうですけれども、
地元の方々の要望によってお祭りとして
再開が許可されたそうです。

「この要望っていうのが面白いですよね。
 なんかこう思わぬことで始まったことだけれども
 なんとなく楽しかったんでしょうね、みなさんね。」

今ではトラック5台分、およそ120トンもの
トマトが使われるようになっています。

お祭りの当日は広場に大勢の人たちが集まって
トマトの到着を待ちます。

そしてトマトが到着すると
花火の合図とともに一斉にトマトの投げ合い、
トマトバトルが始まるそうです。

あっという間に人はもちろん、
通りや建物などすべてが赤く染め上がります。

「写真で見ますとね、
 通りに面している建物はね、
 ビニールなどがね、
 もう上からずっぽりかけられていて、
 トマトまみれにならない対策も
 なされていていたりして。

 この日ばかりはきっとトマトまみれになって
 開放的な雰囲気なのかな。
 そういうのが楽しいんでしょうね。

 普段やっちゃいけないことじゃないですか。
 トマトでぐちゃぐちゃになるなんて。

 ということで、今日はスペインのブニョールの
 トマティーナというお祭りのお話をしました。」

<トマティーナ(トマト祭り)>

<トマティーナ公式サイト>

[10/27] 『鈴木杏樹のいってらっしゃい』

「私たちの住む日本には季節ごとに
 さまざまなお祭りがあります。
 同じように海外でもその国によって
 お祭りが行われています。
 そこで今週は、世界のお祭りのお話をします。」

今日はアメリカの「Thanksgiving Day」、
感謝祭のお話です。

アメリカではクリスマスと並ぶ最大級の祝日で、
毎年11月の第4木曜日にあります。

今年は11月27日です。

もともとは農作物の収穫を祝い、
神様の恵みに感謝をささげるための日
と言われています。

しかし、最近では独立した子供たちが里帰りして
両親や家族と食卓を囲む家族のための日という
意味合いが強くなっているそうです。

この「Thanksgiving Day」は
17世紀にイギリスのピューリタン、
清教徒たちがアメリカ大陸に自由を求めて
メイフラワー号で上陸したことに由来します。

上陸したとき季節は冬で寒さが厳しかったそうです。

さらにさまざまな困難にも遭い、
上陸当時100人以上いたピューリタン達の多くが
寒さや飢え、病気などで
命を落としてしまったそうです。

見知らぬ土地でピューリタン達は
古くからその土地に住む
ネイティブアメリカンたちから
狩りや作物の育て方を教わりました。

そして、秋には収穫の時を迎えることができました。

そこでピューリタン達は教会で収穫を喜び、
神に感謝をささげる会食会を開きました。

これが「Thanksgiving Day」、感謝祭の始まりです。

現在でもこの日は教会では特別な礼拝を行います。

町では大きな七面鳥を積んだ車のパレードなど
一日中賑やかになるのだそうです。

それぞれの家庭でも七面鳥や
パンプキンパイなどが並びます。

また「Thanksgiving Day」は、アメリカでは
ホリデーシーズンの幕開けも意味します。

この日を境にクリスマスに向けて
デパートとかではバーゲン、セールが行われて
町中が活気づくということだそうです。

「始めにも申し上げましたけれども、
 『Thanksgiving Day』、
 今年は11月27日ということで
 ちょうどね、今から1ヶ月後です。

 世界中どこでもなんですけれども、
 たまたまこういう特別な日に
 その国を訪れてたりとかすると、
 その国のお祭りを肌で感じることができて
 いい経験になったりしますよね。

 今週はですね、世界のお祭りについて
 お話ししたいと思います。」

<感謝祭(ウィキペディア)>

<アメリカ人が大好きな「感謝祭」って何?>

[10/24] 『鈴木杏樹のいってらっしゃい』

「昨日はトルコ料理のお話を
 させていただきましたけれども、
 トルコの方はデザートも大好きです。
 その中の一つに、最近では日本でも人気の
 アイスクリームがあります。
 今日はそのお話です。」

トルコのアイスクリームはドンドルマと言います。
特徴はとても粘りがあることです。

「よく実演販売をしていますが、
 ビックリするぐらいビヨーンってよーく伸びます。」

トルコの南西部にあるカフラマン・マラシュという地方で
300年以上も前から伝えられる伝統のアイスクリームです。

このトルコのアイスクリームを作る職人の方は
トルコ政府が認めた人でなければダメなのだそうです。

材料はヤギやヒツジのミルク、そしてお砂糖、
それにサレップという野生のラン科の植物の球根を
乾燥させて粉末にしたものを使うそうです。

このサレップというのが
伸びるアイスクリームのもととなっていて、
アイスを長時間練り上げ、繰り返し伸ばすことで
まるでお餅のような粘りが出てくるということです。

口で言うと簡単なのですけれども、
あれだけの粘りを出すには
たいへんな労力を要するそうです。

お店ではとても楽しそうに
パフォーマンスを見せながら作ってくれますけれども、
実際はけっこう大変なのだそうです。

サレップ、伸びるアイスクリームの
材料になりますラン科の植物の球根ですけれども、
冬になると牛乳とかお砂糖と混ぜて
温めてトロトロにして甘い飲み物にして
召し上がるのだそうです。

「これもなんかおいしそうな響きですよね。

 トルコでやっぱり私もこの伸びーるアイスの
 このドンドルマをいただきました。

 で、最初ね、ヤギとかヒツジのミルクを
 使ってるって聞いたので、
 『えっ』ってちょっと思ったんですけど、
 クセがあるのかなと思ったんですけれども
 いただくとね、ほんとにおいしくて
 ぜんぜんクセもなくてペロッと
 いただいたのを覚えています。
 おいしかったです。

 以前にもね、お話ししましたけれども、
 トルコの方々ってとっても日本人に
 親切にしてくださいます。

 その背景にはやっぱり100年以上も前にあった
 この『エルトゥールル号』のお話と、
 それから数十年経った後にこのイランイラク戦争で
 イランに残されてしまった日本人を
 トルコの方々が助けてくださったというお話があります。

 私たち日本人もね、大人も子供も、
 これから生まれてくるたくさんの子供たちも
 ずっとずっとこのことを忘れずにいたいなって思います。
 いつまでもね、伝えていきたいことですよね。

 そういうわけで今週は
 トルコのお話をさせていただきました。」

<トルコのアイス・ドンドルマ>

<ドンドルマって何?>

[10/23] 『鈴木杏樹のいってらっしゃい』

「トルコ料理はフランス料理、中華料理とともに
 世界三大料理の一つに数えられています。
 そこで今日は、トルコ料理のお話です。」

トルコ料理とはその昔、遊牧民族が食べていた食事に
トルコ民族の伝統料理が合わさって、
さらにギリシャ、グルジア、シリア地方の料理とが
ミックスされて独自に発展した料理とされています。

トルコ料理は野菜を多く使うのが特徴です。

香辛料が多く使われていますが、
全体的にはとてもマイルドな味付けです。

また、料理にはヨーグルトがよく使われていて、
ヨーグルトを使った料理のバリエーションというのは
世界一とも言われています。

トルコ料理を代表するメニューに
ケバブというのがあります。
ケバブとは焼肉のことです。

よくシシケバブと聞きますけれども、
あれは串にお肉を刺して
炭で焼いたお料理のことだそうです。

そのシシケバブの「シシ」というのは
串の意味なのだそうです。
お肉は羊とか牛などです。

ドネルゲバブというのは大きな肉の塊を
回転させながらあぶり焼きにしたものです。

この「ドネル」というのは回転という意味です。

焼きあがったものを長いナイフで
縦にそぎ落としていって、
それをピタブレッドと呼ばれている
薄焼きのパンの中にお野菜と一緒に入れて
食べるのが一般的です。

「私トルコに行ったときに、トルコ料理のですね、
 昔からの宮廷料理というのを
 再現しているお店に行ったんです。

 で、そこでその宮廷料理をコースで
 いただいたんですけれども、
 ほんとにお野菜がね、
 たくさん使われているお料理で。

 で、確かにね、香辛料はたくさん使われていて
 スパイシーなんだけれども、でも、
 辛いとかそういうことじゃないんですよ。

 何て言うか、今まで味わったことないような
 ほんとに印象深いお料理だったんです。
 『へぇー、これがトルコ料理かぁ』というような。

 あとね、火曜日にお話ししました
 ボストラス海峡を結ぶ船。

 あれの船に乗ったときにですね、船着き場でね、
 売っていたサバサンドって言うのがありまして。

 サバってあのお魚のサバです。
 をサンドにしてるんですけれども、
 これね、すばらしく絶品だったんです。

 オリーブオイルでね、切り身をね、
 焼いているんですよ。

 それをね、パンに挟んでいただくんですけれども、
 ほんとにね、日本で食べるような
 ホッとするおいしさでね、
 これはおいしかったですよ。

 トルコにいらっしゃる機会がありましたらね、
 ぜひトルコ料理と、そしてこのサバサンド
 お試しいただけたらと思います。」

<トルコ料理(ウィキペディア)>

<ケバブ(ウィキペディア)>

<トルコの名物『サバサンド』>

[10/22] 『鈴木杏樹のいってらっしゃい』

「トルコにはいくつもの世界遺産があります。
 その中でもたいへん珍しいところがカッパドキアです。
 いったいどんなところなのでしょうか。」

カッパドキアはトルコの首都アンカラから
車で4時間ほどのところにある土地の名前です。

トルコ語で「見てはいけないもの」
という意味があるのだそうです。

標高1200mの岩石地帯の大地で、
もともとはローマ帝国の弾圧を逃れた
キリスト教の修道士たちが移り住んだ
と言われている場所です。

その面積は東京23区よりも広いのだそうです。

このカッパドキアの特徴はその岩の形です。
きのことか煙突などの形をした岩が
遥かかなたまで続いています。

「その姿ってね、とっても幻想的なんです」

こうした岩はおよそ2000万年前、
火山の爆発で噴き出した溶岩と火山灰が
長い年月を経て自然につくられたもの
と言われています。

このカッパドキアとカッパドキアの中にある
ギョレメ国立公園は世界遺産の中でも数少ない
自然遺産と文化遺産の2つを併せ持つ
複合遺産というのに指定されています。

カッパドキアの中には
岩をくりぬいてつくった教会ですとか、
洞窟の住居というのがたくさんあるそうです。

この教会の岩の壁には当時の修道士によって
描かれた絵というのが残されています。

今も6万人が暮らしているこの地域の地下深くには
地下都市というのもいくつもあって、
これまでに30以上も発見されているそうです。

都市の中には地下8階にまで
及ぶところもあるということです。

そして観光客のために洞窟の中につくられた
ホテルというのもあるそうです。

「私がね、トルコを訪れたときは
 このカッパドキアまでね、
 アンカラからも4時間かかるんですけれども、
 イスタンブールからね、ちょっと遠かったんです。

 なので、ちょっと日程的に無理で
 足を伸ばせなかったんですけれども。

 写真ではね、よくお馴染みのカッパドキアで、
 もうこの世界観ってすばらしくて、
 ほんとに実際見てみたいとずっと思っていて、
 ぜひ次こそはと思っています。

 またね、トルコとご縁があるといいなぁ
 と願ってるんですけれどもね。」

<カッパドキア(ウィキペディア)>

<カッパドキア(トルコ)の写真>

<TC – Pictures of Turkey>

[10/21] 『鈴木杏樹のいってらっしゃい』

「トルコの最大都市と言えばイスタンブール。
 そこで今日は、イスタンブールのお話をします。」

昨日、トルコはアジア大陸とヨーロッパ大陸の
2つの大陸からなる国だというお話をしました。

イスタンブールは古くから貿易の中心地として栄えて、
ローマ帝国、ビザンチン帝国、オスマン帝国時代の
首都でもありました。

現在人口は約1200万人。
トルコの最大都市です。

ボスポラス海峡という海峡を挟んで
主にアジア側が住宅地区、
そしてヨーロッパ側が商業地区に分かれています。

この2つを結ぶ交通手段は
かつては船しかありませんでしたが、
1973年、そして1988年に
全長約1.5kmの大きな橋が
それぞれ架けられて結ばれるようになりました。

この橋の誕生で車で行き来できるようになったのです。
この橋の建設には日本も協力しているそうです。

さらに今、渋滞を緩和するために
ボスポラス海峡の下、深さ60mの地点に
海底トンネルを掘って鉄道を通すという工事が
進められているのだそうです。

このトンネル工事にも日本の企業が協力しています。

イスタンブールのヨーロッパ側は
新旧の2つの市街地に分けられます。

その中の旧市街地は
イスタンブール歴史地区という名前で
世界遺産に登録されています。

歴史地区の中でも代表的なのが
ブルーモスクと呼ばれる大きなモスクです。

モスクというのはイスラム教の礼拝堂のことです。

17世紀のはじめに建てられて、
建物の内部が青いタイルでブルーに彩られていることから
ブルーモスクの愛称で呼ばれています。

そしてアヤソフィア大聖堂も代表的な建造物の一つです。
4世紀に建てられたもので現在は博物館になっています。

外観はとても美しくて、
中に入るとキリストとか聖母マリアの壁画とか
その時代を代表する装飾が施されています。

「一歩中に入るとその歴史の重さを感じます。

 ブルーモスクもアヤソフィア大聖堂も
 ほんとに美しい建造物です。

 大聖堂の中はね、呼吸するのも忘れちゃうぐらいね、
 吸い込まれるような、そういう雰囲気があります。

 壁画とか装飾とかもね、言葉を失います。
 ほんとにね、神聖な気持ちになれました。

 私はね、ほんとにトルコを訪れることができてね、
 よかったなぁって思うんですね。」

<イスタンブール 地域の特色・概要 ~トルコ観光局~>